So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

18.1.20 初釣りはボウズ・・・ [釣り]

雪国ですが今週は晴れ間もあり絶好の釣り日和でした。今の時期は釣り物も少なく例年は出撃しないのですが、陽気に誘われて初めてのカレイ釣りに出かけてきました。
基本はキスと同じ投げ竿ですが、仕掛は以前買って使っていなかったカレイ専用仕掛けを使うことにしました。
午前5時頃に自宅を出て、途中の釣具店でイソメを買い現地には午前6時前に到着しました。車を駐めてすぐに準備して今年初キャストです。

18120turi.jpg

ここはカレイ釣りが盛んらしく、もうすでに釣り人もおりました。しかし、外は氷点下なので車の中でアタリを待ってました。しかし、全く反応がありません。太陽も上り始め、釣れそうな気もしてきましたが・・・

18120turi2.jpg

反応もなく、仕掛けを上げると針がありません。この時期にフグでしょうかね。餌もなくなっているので小型のカレイがいるのかもしれません。しかし、狙いは大物なので、針は変えずそのままキャストを繰り返しました。しかしどの方向に投げても釣れる気配がありません。

しかも手を洗おうとバケツに手を入れるとバッチリ凍っており、突き指しそうな感じです(^^;)

18120turi4.jpg

途中から師匠も遊びに来てくれましたが、際で唐揚げサイズのカレイを釣り上げてました。小型とは言えさすがです。
こんな感じで釣りをしてましたが、周囲でも釣れている気配がありません。自分は午後から用事があったので、早い時間に切り上げることにしましたが、初釣りは残念ながらボウズでした。

本格的なカレイ釣りは今回が初めてですが、また懲りずにチャレンジしてみたいと思います。
nice!(33)  コメント(8) 

17.12.16 竿納めは不完全燃焼・・・ [釣り]

今日は早朝より雨が降り荒れ模様との予報だったので、深夜から由利本荘方面へハタハタ釣りに出かけてきました。本来であればまづめ時に釣りたかったのですが、夕食後に軽く仮眠を取り早々と釣り場へ向かいました。
釣り場の駐車場では、隣の市から来たという釣り人が車で待機していたので声を掛け合って一緒に釣り場へ向かいました。
暗くて顔は見えなかったのですが同じ釣り人同士、すぐに意気投合です(^^)

釣り座を決めてさっそく仕掛けを投入です。

171216turi.jpg

しかし、何度シャクってもアタリがありません。先に来ていた釣り人には1~2匹釣れているのを確認しましたが、その後は釣れている様子が無くとうとう撤収してしまいました。入れ替わりに釣り人がやってきましたが、釣果が思わしくなく早々と撤収する姿が見えました。
遠くの堤防でもヘッドライトの動きがあまりないので、釣れている風ではありません。

ここらで場所を変えようとも思いましたが、この場所はあまり混雑せず気に入っている場所なので、考えた末にもう少しここで粘ってみることにしました。
駐車場から一緒に来た釣り人は釣果に恵まれず、寒さにも耐えかねて撤収してしまいました。
自分は若干場所を移動しながら釣っていると離れた場所でやっと1匹釣ることが出来ました。ナント時間がかかったこと!
ハタハタは群れで移動するので期待したのですが、これは単発で終わってしまいました・・・。

この頃から天候が崩れだし雨が降り出しましたが、まだ十分耐えられる程度だったのでそのまま釣っているとやっと小さな群れに当たったようで、一気に7~8匹追加することが出来ました。隣の釣り人にも同じように釣れていましたが、群れはあっという間に遠ざかったようです。

調子が上がってきたのでこれから朝方にかけて・・・と思ったのですが、天候が急変しあっという間に暴風雨となってしまいました(>_<)
こうなると釣りどころではなくすぐに撤収し、駐車場へ向かいましたが突風を伴う強い雨のせいで、途中ハッとする場面もありました。こんな中でも頑張って竿を出している方や車で天候回復を待っている方もおりましたが、自分はギブです(^^;)

こんな感じで竿納めは終了し、まだ暗いうちに家に到着しました。取りあえず濡れたジャケットを玄関にぶら下げ、魚を冷蔵庫へ入れてから少し寝てしまいました。

一応、今日の釣果です。

171216turi3.jpg

ハタハタが12~3匹でうち雌が3匹ほどでした。今回は不完全燃焼でしたが、最後がボウズではなくホッとしているところです。
今夜のハタハタ料理ですが、雌は焼き、残りはバター焼きか唐揚げにして一杯やろうと思います。

現在は天気が幾分回復しているので、釣りが再開出来たかもしれません。そう考えるとやや後悔ですかね(^^;)

追記
今回は個体が小さかったので雌以外は唐揚げにしました。

DSC_1882.JPG

ビールに合いますね。やっぱり釣った魚は最高の酒の肴です(^_^)
nice!(32)  コメント(13) 

17.12.10 早朝ハタハタ釣りに出かけてきました・・・ [釣り]

またハタハタ釣りに行ってきました。
釣りに行く予定は無かったのですが、午前4時頃に目が覚めてしまったので、その勢いで急いで準備をして車を走らせました。
途中、懐中電灯を忘れたのに気がつき自宅へ戻ってしまったので20分くらいのロスがありましたが、午前5時半前には釣り場へ到着しました。
ハタハタの仕掛けは単純なのですぐにセットをして釣りを始めましたが、今日はなかなか思うように釣れません。周りではたまに釣れているので、魚がいないわけは無いのですがすが・・・。単純な釣りほど腕が試されるといいますが、さすがにorzでした。
釣り初めてから30分でまだ3匹の貧果です。寒いし、しかも根掛かりで仕掛けをロストしてしまったので今回はもう切り上げようかとも思いました。でも、3匹だけ持って帰ってもな~と思い直し、仕掛けを交換し再度釣り開始です。

でも、この時にちょっとだけ仕掛けに手を加えたところ今度は連続してヒットするようになりました。ハタハタ釣りは数年前に2度経験しましたが、やっぱり単純に思える釣りほどコツを掴むのが難しいもんですね・・・。すっかりハマってしまいました(^^;) 次回からも状況に応じていろいろ試してみたいと思います。

171210turi6.jpg

明るくなり、時計を見ると午前7時15分でした。元々早く帰るつもりだったのでこの辺で撤収することにしました。今日の釣果はざっと数えて40匹くらいでしたが、ブリコ(卵)がパンパンの雌は昨日よりも多く13匹でした。

171210turi2.jpg

やっぱり雌が多いと嬉しいですね(^^)
大きめの雌は単純に焼き魚にし、小ぶりの雌と雌は煮付けて今晩と明日のおかずになる予定です。残りはこのように漬けにして後ほど焼いて食べることにします。

171210turi3.jpg

やっぱりハタハタはうれしい魚ですね。ハタハタ釣りは気軽に出来る釣りですが、釣り人のマナー違反や事故などで閉鎖された釣り場もあるようです。必ずライフジャケットを着用し、ゴミは持ち帰りましょう。
nice!(22)  コメント(14) 

17.12.9 根魚を諦めハタハタ釣り・・・ [釣り]

なかなか釣りに行けず明日こそは!と帰宅後準備を始めました。根魚を狙う穴釣りと、もしかしてハタハタも狙えるかも・・・と期待して車に荷物を積み込んでいました。
そうしたら、

17129turi.jpg

フニャフニャと独特の鳴き声が聞こえてきました。久しぶりにしょうちゃんです。雪もちらつき、もう寒いのでパトロールはしないのかな?と思ってましたが真っ直ぐにここへ来てくれたようです(^^) ちょっと毛がふさふさしてるのがわかります。寒かったですが久しぶりに会ったのでしばらく撫でてました。
家に戻り、明日の情報をいろいろと聞いていましたが、行こうとしていた男鹿の北側は天候があまりよくないようです。あらためて天気予報をみてもちょっと厳しい感じでした。
前回みたいになりそうな予感がしたので、取りあえずこの時点で北側での穴釣りは中止と決めました。でも一応釣り道具は車に積んだままです。

この後、普通に寝ましたがどういうわけか午前2時半頃目が覚めました。耳を澄ますと外では風の音がすごく、完全に釣りは諦めてもう一度寝ましたが、ナントハゼ釣りをしている夢を見ました。大きなハゼは2匹釣れた所で目が覚めましたが、この時点で時間は午前5時33分です。
耳を澄ますと風の音は止んでます。外を見るとうっすらと雪が積もってましたが、釣りをしたいという衝動にかられ、すぐに着替えて南側の釣り場を目指して車を走らせました。

途中、セブンイレブンでコーヒーを買い、身体を温めながら運転して午前6時半過ぎに釣り場に到着しました。駐車スペースはある場所ではギッシリでしたが人混みは苦手なので、ちょっと外したところに車を駐めて釣り場に向かいました。

時折雪が強く降り、釣り場は真っ白な状態でした。

17129turi3.jpg

今日のメインはハタハタなのですが、一応根魚の仕掛けも持参してきました。事前に情報は聞いていたのですが、やはりその近くにはすでに釣り人が数人おりました。取りあえずその近くで狙うことにしましたが、混んでない場所だったのであまり釣果は期待はせず釣りを始めたところ一発目で小降りの雄を2匹釣ることが出来ました。その後は爆釣とはいきませんでしたが、雌も混じりチロポリ釣れてきます。

17129turi4.jpg

氷点下に近い気温なので、釣った魚は取りあえずここへ居てもらい、まとまった時点でバッカンへ移した方が効率が良い感じです。正確な数は数えてませんが、50匹を越えたと思われる頃、急に風が強くなり時折吹雪模様となりました。粘ればもう少し釣れたと思いますが、今日のハタハタ釣りはこれで終了することにしました。
帰りに根魚でもと思い立ち寄ってみましたが、波と風が激しくそれは断念することにしました。

17129turi7.jpg

写真ではそんなでもないですが、実際は風がとても強く波も高いので堤防に波飛沫が頻繁にかかる感じです。今年の穴釣りはもう出来そうにありませんが、機会を見てもう一度ハタハタ釣りには行きたいと思ってます。さて、今日の釣果は・・・

17129turi6.jpg

正確ではないですが、ハタハタが50~60匹くらいで雌が少々といった感じです。取りあえず釣れて良かったです(^_^)
nice!(19)  コメント(9) 

17.12.2 釣果なし! [釣り]

何週間も悪天候で釣りに行けない状態が続いてます。今日も普通なら行かない天候ですが、取りあえず竿は出せそうな感じだったのでダメ元で男鹿北側の堤防へ根魚を求めて行って来ました。
午前5時過ぎに到着しましたが、この頃に師匠も到着です。ダメそうであれば引き返そうと思ってましたが、釣りは出来そうだったのでここで仕掛けをセットして堤防へ向かいました。

17122turi2.jpg

堤防はたまに飛沫がパラッとくる程度でしたが、風が強い!
下げ潮の時間帯なのであまり期待はせず際に仕掛けを投入しましたが反応が全くありません(>_<)
それから1時間ちょっと探ってましたが2人ともアタリがゼロです。そんなわけで今日は無理をせず早めに撤収することにしました。

曇り空なので朝日を見ることは出来ませんでしたが、代わりに漂着した不審木造船が見えました(^^;)

17122turi.jpg

わかりにくいですが、が北朝鮮の木造船です。目的が漁か何かはわかりませんが、日本の領海で命がけの任務を遂行していたんでしょうね。漁獲量も北朝鮮船籍などの違法操業の影響で大打撃を受けているという事ですから、安全対策も含めて早急な対策を期待したいものです。

木造船をズームしようとしたら、まさかのデジカメ電池切れです・・・。そこで、師匠が数日前に撮影した画像をお借りしました。

17122turi4.jpg

たまたま今回は偶発的に流れ着いたらしいですが、今後別の目的を持って接近されたら危険ですね・・・。

次回は天候次第ですが、南側の堤防で根魚とハタハタでも狙いたいと思ってます。せめて最後はボウズではなく、1匹でも釣って竿納めしたいものです。
nice!(28)  コメント(16) 

17.11.3 久しぶりのクロソイ! [釣り]

今日は午前中時間が取れたので、久しぶりに男鹿北側の堤防へ足を伸ばしてみました。午前5時半頃に現地に到着しましたが、まだあたりは真っ暗です。
ライトを照らしながら釣り場へ向かいましたが、先行していた師匠はすでに1匹釣り上げていました。自分も早速仕掛けを投入しアタリを待っていると、竿先が堤防へバシッとぶつかる音がしました。上げてみると、狙っていたクロソイではありませんでしたが、ムラソイを釣ることが出来ました。この後太陽が上り始め明るくなってきましたが、ここの朝日も本当に綺麗です。

17113turi3.jpg

今日は風も弱く絶好の釣り日和ですが、下げ潮止まりが午前8時過ぎなので勝負はそれまでかな~と思っているとまた良さげなアタリがあり、

17113turi.jpg

先ほどよりも一回り大きなクロソイを釣ることが出来ました。今日の目標は最低3匹なのでもう1匹釣るべく釣れた周辺をもう一度探ってみると、

17113turi2.jpg

刺身サイズのクロソイをやっと釣り上げることが出来ました。しかし、この後はアタリはあるものの針がかりさせることが出来ず難儀の釣りでした。海は穏やかで澄みすぎるほど澄んでいます。もう少し潮が流れ、やや荒れ意味だと良かったのですが、こればっかりは仕方がありませんね。

17113turi6.jpg

でも、澄んだ海を見ながらマッタリと釣りが出来、これもいいかな~という感じでした(^_^)
以降、釣り座を大きく移動したりもしましたが、潮止まり以降はアタリもなくなったので、今日は早めに撤収することにしました。

さて、今日の釣果は、

17113turi4.jpg

クロソイとムラソイの釣果に恵まれました。師匠は最近根魚が絶好調という事で、刺身サイズをお裾分けしていただきましたm(_ _)m

話がまたそれますが、最近「しょうちゃん」の姿をみていません。回覧板第二弾に、以前より強い文言でまた、猫の放し飼いを自重してくださいと記してありました。「しょうちゃん」もいよいよ家の中に閉じ込められたか・・・と思っていた矢先に、フニャフニャと独特の鳴き声が聞こえてきました。しょうちゃんですね(^_^)

171103syou.jpg

元気で安心しました。やっぱり猫のいる環境は癒やしです(^_^) 野良猫も含めて、何とか共存する良い方法はないものでしょうかね・・・。

魚の話題に戻りますが、今日の魚たちは簡単で美味しい酒蒸しと、

17113turi14.jpg

刺身で頂きますが、残りは漬けにする予定です。

17113turi15.jpg

また、クロソイの皮は湯通しした後に氷水で絞めて、ポン酢で頂きます。刺身のアラはすべて煮付けにしました。見た目はいまいちですが、身が厚かったのでそれなりに美味そうです(^_^)

では、いただきます。

追記
17.11.04
余った刺身は漬けにして、漬け丼で頂きました。※食べかけですみません・・・。
17113turi17.jpg

ごちそうさまでしたm(_ _)m

nice!(24)  コメント(18) 

2017-10-21 ハゼのミャク釣り [釣り]

有効求人倍率が過去最高水準を記録し、全都道府県で1倍を超えているようですね。喜ばしいことですが、自分が勤務する業界では求人が溢れているわけですから深刻な人手不足に陥っています。それにより単純な理由で退職を繰り返し、事業所を渡り歩く職員が増えているのも善し悪しですね。本来の業務よりも職員不足に付随する雑多な業務で悩みが多く、落ち着かない毎日が続いています。自分も身軽になれると楽なのですが「立場」や「背負ってるもの」、「しがらみ」などもありなかなかそうは行かないのが現実です。

それはそうと、明日は選挙ですね・・・。各政党いろいろと政策を並べています。「しがらみのない政治」「原発ゼロ」「憲法堅持」」「森友、加計学園問題の徹底究明」等など。
考えるに自分もそうですが、しがらみのない社会なんぞ存在するわけがない。
それを公約に訴える政党自体が政党間で立候補者の棲み分けをしたりしていますが、これも立派な「しがらみ」ではないでしょうか。

モリカケ問題にしても、法的に何が問題なのか疑問です。お友達だから怪しいのか、忖度があったのか、あったとしたらどのように法的な問題があるのか誰も具体的に語れません。これで説明責任も求めても言った言わないの繰り返しで時間の無駄ですね。

また、小池新党も失速してしまいました。彼女は政党をいろいろと渡り歩いてきましたが、細川、小沢、小泉氏の手法を学び今回大勝負に出ました。でも、国民を甘く見たようですね。小池新党入りを懇願する候補者に資金援助や踏み絵を強要したり「さらさらない」「排除する」などの強い言葉を使い意中におさめようとしましたが、自分はこの手法には嫌悪感を抱きました。

だからといって現在の政権政党が良いという訳ではありませんが、とにかく投票には行かなければなりません。現実を考慮した上で決めたいと思います。投票したい候補者はいるのですが、他県の選挙区なので投票できず残念です・・・。

先に書きましたが、自分も最近あまり本調子ではありません。釣りには行きたいですが、無理はしたくない・・・。しかし、最近始めたハゼ釣りはうまく表現できませんが、マッタリとして新鮮な感じがします。良い釣りに出会いました(^_^)
で、今日も岩城付近堤防へハゼ釣りに行ってきました。小雨がぱらつく天気でしたが、風は弱かったのでレインウエアーを着て釣りを開始しました。
今回は延べ竿に軽い錘を付けて探るミャク釣りに挑戦です。開始早々、竿にビクビクとた感触が伝わり、天ぷらサイズのハゼを釣ることが出来ました。

続けてまた同サイズのアタリです。

171021turi5.jpg

ミャク釣りは本当に面白い釣法で、ますますハゼにハマってしまいそうです。でも、一応保険をかけて投げ竿も同時に投入してました。二刀流ですね。(^_^;)

171021turi2.jpg

この頃から、漁船や遊漁船の往来が多くなりチョイ投竿のアタリがピタッと止まってしまいました・・・。アタリが来るのは延べ竿だけです。
しかし、船の往来が過ぎた頃、投げ竿をさびいてくると、大きなアタリがありました。やっと来た刺身サイズのハゼです。キスみたいなアタリで最高でした。

171021turi6.jpg

この頃、今回も外出ついでの師匠が陣中見舞いに来てくれました。これ幸いにミャク釣りをお願いし、自分は投げ竿で刺身サイズを狙うことにしました。でも、なかなかこの間みたいには釣れませんね~。師匠はミャク釣りのコツを掴んだらしく、良型を釣っていますやっぱり上手いですね。投げ竿にもたまに天ぷらサイズも来ますが、多くは南蛮漬けサイズです。
この他に、ミャク釣りの仕掛けにはリリースサイズのミニヒラメやミニソイ、クジメなども釣れて結構楽しめました。童心に返った感じで、こんな釣りもたまにはありですね(^^)

さて、今日の釣果は、

171021turi9.jpg

2人でハゼが40匹くらいでしょうか。

帰ってから後片付けをしていると、今日も「しょうちゃん」がお墓参り?に来てくれました。

171021turi11.jpg

何というか、律儀でかわいい猫です。「しょうちゃん」は声が独特で、フニャフニャと聞こえる鳴き声で近づいてくるのですぐにわかります(^^) 今日も元気で安心しました。

夕方から調理に取りかかりました。今日は定番の天ぷらの他に南蛮漬けと、

171021turi13.jpg

刺身にしてみました。肝も冷水でしめると美味しいと聞いたのでさっそく試してみました。

171021turi14.jpg

ちょっと摘まんでみましたが、ハゼの刺身はモチモチした食感で美味しいですね!
では、いただきます(^^)
nice!(27)  コメント(18) 

17.10.14 初めてのハゼ釣り [釣り]

最近放映された「夢釣行~一魚一会の旅~」や地元ケーブルテレビの釣り番組でハゼ釣りが放映されていました。観ていると楽しそうで、料理も美味しそうでした。この影響か無性にハゼが食べたくなって初めてのハゼ釣りに行ってきました。
初めてのハゼ釣りといっても通い慣れた由利本荘市の堤防なので取りあえずは穴釣りから初めて、最後にハゼを狙ってみることにしました。

171014turi2.jpg

いつもの場所から際を狙って行きましたがなかなかアタリがありません。そんな時に大きなアタリがあり慎重に巻き上げましたが、寸前でバラしてしまいました。ハリスと針の結び目が弱かったようで針がすっぽ抜けてました(>_<)
昨日は師匠が某所でビッグなクロソイを釣ったと連絡が入ったので、たった今バラしたと連絡したところ、今クジメを釣ったとの返信がありました。昨日の場所で釣ってるんだな~と勝手に解釈してましたが、ナント同じ場所で釣りしてました(笑)

この後、師匠は先端から攻めるとの事だったので自分は入り口近くに移動して釣ることにしました。

171014turi5.jpg

テトラ帯を下まで降りて探ってましたが、やっと根魚を釣ることが出来ました。

171014turi6.jpg

釣れて良かった~って安堵した瞬間です。この後は数匹追加したもののアタリが渋かったので、いよいよ内湾で目的のハゼ釣りに切り替えました。

万能竿に仕掛けを結び、チョイ投げしたところ1投目で型物のハゼを釣ることが出来ました。

171014turi7.jpg

この頃、師匠は後ろのテトラ帯で果敢に根魚を狙ってました。良型を連発しているようで腕の差を感じます。こんな感じで釣りを楽しんでましたが、ハゼ釣りはちょっとしたテクニックはいるもののキス釣りとは違ってマッタリとした雰囲気が良いですね。

171014turi9.jpg

昨年、社会福祉士の受験資格を得るために新潟の専門校に席を置いてました。そのスクーリングで知り合った方がハゼ釣りが好きでいろいろと話を聞いてましたが、自分もハゼ釣りにはまってしまいそうです(笑)

ここで釣れるハゼは小型が多くたまに20㎝を越えるサイズも釣れて来ます。投げて釣る場合、基本はキス釣りと一緒ですが、釣れた場所を押さえてそこでじっくりアタリを待つ感じでしょうか。

171014turi12.jpg

このサイズのダブルとなれば結構引きが楽しめます。こんな感じでマッタリと釣りしてましたが、特に今回は時間を忘れて釣りしてました(^^;)

さて、今日の釣果は・・・

171014turi13.jpg

クジメ3匹、なぜかテトラの際で釣れたミニセイゴと、

171014turi14.jpg

ハゼが26匹でした。

家に帰ると玄関で「しょうちゃん」が出迎えてくれました。

171014turi.jpg

かわいい猫ですよ(^^)

夕方から調理を始めましたが、ハゼはやっぱり定番の天ぷらと、

171014turi19.jpg

小型は唐揚げにしました。

171014turi18.jpg

クジメ数匹は天丼のタレ、コチジャン、ごま油を使ってユッケにしましたが、これも美味しかったです。

171014turi21.jpg

師匠からお裾分けしてして頂いたクジメは煮付けで頂きました。

171014turi20.jpg

日本酒は出来るだけ飲まないようにしていますが、今回も(_ _)

171014turi22.jpg

今日は初めてハゼの天ぷらを食べましたがキスより美味いかもしれません。今回の穴釣りではなかなか釣果に結びつかず、すぐに諦めてハゼ釣りに没頭してましたが、師匠はかなりの根魚を釣り上げていました。やっぱりテトラ帯での穴釣りは腕の差が出ます。

しかし、ハゼ釣りは流れのない汽水域で誰でも手軽に楽しめる釣りなので、本当にマッタリとした雰囲気で釣りが出来ます。年内にまた行けると嬉しいですね(^_^)

追記
17.10.15
今日、1時間ほどハゼ釣りをしてきたので天丼で頂きました。

171015turi.jpg

淡泊なキスと違って肉厚で美味い魚です。手軽に釣れる魚ですが、スーパーなどで見かけることはないので有り難い魚なのかもしれませんね。
nice!(25)  コメント(18) 

17.10.8 今回はアジに見放されてしまいました・・・  [釣り]

今日は午前3時過ぎに現地に到着してアジを釣り、明るくなってから最近はまっているウマヅラハギを釣る予定でした。そのため早めに休み午前2時過ぎに起きて出発の予定でした。
しかし、寝るのが早すぎたのか、なかなか眠りにつけず、しかも最近悩んでいる事が次々と頭を駆け巡り眠るどころではありません。
これではかえって身体に悪いので、もう男鹿へ向かうことにしました(^^;)

午前1時過ぎに釣り場へ到着しましたが、今回もエギンガーの人たちの多いこと(°0°)
自分はいつもの堤防で釣り座を確保し、さっそく準備に取りかかりました。エギンガーの人たちは移動しながら釣る人が多いのでいろいろと動き回っていましたが、自分は簡易椅子をにどっかり座ってアジのアタリを待ってました。
しかし、今日はべた凪で全くかすりもしません(-_-)

風もなく天気と景色は良いのですがねぇ~

17108turi2.jpg

いつもの街頭の明かりが海に反射して良い雰囲気です。

17108turi3.jpg

しかも、今日は月夜で明るく星も綺麗でした。でも、まだアタリは全くありません・・・。

何となく空が白んできた頃、

17108turi13.jpg

やっとアジが釣れ始めましたが、単発で全く後が続かないんですね・・・。アジ釣りは自分だけなので何となく浮いている感じもしましたが何とかアジ5匹を釣ることが出来、2匹は活き餌としてバッカンで活かしておきました。

17108turi16.jpg

日が昇り始めると、フグも多くなりアジは釣れなくなるのでウマズラハギ釣りに切り替えました。途中、青物でも釣れないかと活き餌釣りもしましたが、予想通りウキが沈むことはありませんでした・・・。何度も言いますが、この間とは違い天気は最高なんですがねぇ~。

こんな感じでウマズラハギを釣っていたところに師匠が陣中見舞いに来てくれ、刺身サイズが釣れたところで記念写真を撮って頂きました。

17108turi.jpg

最近は単独の釣りが多いので自分の写真は久しぶりです。いろいろとありがとうございました。
ウマヅラハギは、今回も全体的に個体は小さく、刺身サイズ以外はまとめて煮付けですね。

さて、今日の釣果は・・・

17108turi8.jpg

アジは久しぶりの撃沈で、ウマヅラハギが30匹の釣果に恵まれました。今回も懲りずに肝醤油で頂きたいと思います。帰ってから釣り道具を片付けていると、愛猫の墓の前に「しょうちゃん」がちょこんと座ってました。

17108turi11.jpg

愛猫も喜んでいることでしょう(^_^)

今日のやけ酒晩酌は全くいつもと代わり映えしませんが、

17108turi16.jpg

大好きなウマヅラハギの肝醤油と煮付け、3匹の貴重なアジのなめろうで頂きます!
nice!(27)  コメント(18) 

17.9.23 ウマヅラハギを求めて男鹿へ・・・ [釣り]

書けば愚痴っぽくなるので割愛しますが、今週も完全に滅入ってます。ホントに次から次へと・・・。参りましたって感じです(>_<)

最近はこんな感じで休日も落ち着かないので当然気晴らしで釣りへ。まあ、滅入って無くても釣りには行くのですが(^_^;) 今日の釣り物はウマヅラハギです。運良く良型が釣れれば、肝醤油の刺身をつまみに冷酒を飲んでやる!って感じで男鹿へ出かけてきましたよ。
ウマヅラハギと言えばアジもセットなので、早めに出かけて午前9時前には家に帰るという予定で出かけてきました。日中は何かあると困るし(-_-)

予報では現地の風速は3㍍との事でしたが、とてつもない強風ではないですか(°0°)
釣りたい場所はもろに波しぶきがかかっているので場所替えも考えましたが、この場所は比較的安全な場所なので我慢することに・・・。
また、強風なのでアオリイカ狙いの方はこの場所には誰もいません。

17923turi.jpg

取りあえずテトラ帯斜め横の波しぶきがかかりにくいだろうと思われる場所に釣り座を構え、今回も胴付き仕掛けでアジを狙うことにしました。仕掛けを投入してヘッドライトを消すと月明かりもないので本当に真っ暗です。でも、上を見上げると星がぎっしりで本当に綺麗です。これも釣りならではだよな・・・と油断してると波しぶきが!
と、その時に百均パーツで作製したアタリライトが暗闇で点滅し、

17923turi7.jpg

今日初アジを釣ることが出来ました。こんな感じでアジを釣り、フグがで出来た明け方から目的のウマヅラハギに切り替えです。
ウマヅラは型はいまいちですが、すぐに掛かってきました。この頃には風を背にした反対側にエギンガーの人たちが来ますが、強風で釣りにくくアタリもないようで、すぐに去って行きます。結局どっしりと釣り座を構えているのは団子釣り師やサビキ釣り師のようでした。
しかし、風を正面に受けて釣りしているのは自分だけです。 風を背にした反対側では目的の魚が釣れないので仕方が無い。外側では時折良型も来るので肝合えのために辛抱です!

17923turi2.jpg

刺身にするウマヅラハギは小さな鰭の間にナイフをさしてエラを切り、バケツに入れて血抜きをします。でも、途中からあまり釣れなくなり不思議に思っていたのですが、仕掛けから錘が外れていたのです。いつから外れたのか最後まで気づきませんでした。強風だったとはいえ、考えられないミスでした。やっぱり最近は何か駄目だな~orz

コマセも使い切り午前7時過ぎに納竿することにしました。

今日の釣果は、

17923turi6.jpg

ウマヅラハギが25匹、

17923turi7.jpg

アジは正確には数えてませんが20匹くらいでしょうか。やはり目が黒く金色に輝いている釣りたてのアジは綺麗です。
このアジは数匹を刺身にして残りは定番のなめろうで頂くことにしました。ウマヅラハギは刺身以外はすべて煮付けにしました。

17923turi8.jpg

この魚は身が中骨から外れやすく食べやすい魚です。最後は、食べたかった肝醤油で頂くウマ刺です。

17923turi9.jpg

肝は新鮮なのでそのまま醤油とポッカレモンを混ぜて肝醤油にします。

さて、飲むか!

追記
17.9.24 二日酔いですが、それは置いておき最近気になるのが猫のしょうちゃんです。

syou.jpg

愛猫の墓がある庭に来てくれる猫ですが、町内で問題になっているようです。半外猫なのであちこちの庭へ遊びに行くようですが、中には猫が嫌いな方もいます。よりによって「しょうちゃん」はその方の庭でウ〇チをしてしまったとのことです。見ていたわけではないと思いますが、目立つ猫だからそう思われたのでしょうか・・・。

ウ〇チをされた猫が嫌いな方は町内会の有力者だそうで、さっそく町内会議でそれが議題となり回覧板が回ってきました。その内容は、猫の放し飼いと、野良猫へ餌を与えるのを慎むようにとのことでした。

猫嫌いの方々はだいたい判明しているのですが、何か良い解決方法はないもんでしょうかね。飼い主さんも困ってました[考えてる顔]

syou2.jpg

どうする君たち!
nice!(32)  コメント(19)