So-net無料ブログ作成

19.3.2~引越し作業プラス小旅行・・・ [車・ドライブ・旅行]

いよいよ地元に就職が決まった息子のアパート引き渡しの時期が来てしまいました。引越し作業や手続き、パソコンや布団などの荷物を車を積み、帰りはせっかくなので家族で旅行しながら帰るという計画を簡単に考えていました。
しかし、その通りには行かないものですね・・・(^_^;)

週末の夕方に出発し、前沢SAで食事をしてから、この移動では欠かせない佐野SAに立ち寄り、レモン牛乳ソフトで一息!

1931tigasaki.jpg

不思議にこれで疲れが取れるんですよね~。
そして海老名サービスエリアで仮眠をとり、朝食を食べてから出発しました。

1931tigasaki3.jpg

この茅ヶ崎方面の標識も見納めです。ここから20分も走るとアパートに到着し、いざ作業開始です。

引き取ってもらう家電を外へ出してから家の中の清掃ですが、自分は足りない掃除道具などの買い物や本などの処分担当なので中の掃除は殆ど息子と家内がしたようなものです。しかもマジックリンとクレンザーを間違って買ってしまいコーナンを2度往復する羽目に・・・(^_^;)
しかし、東北とは違いここは道中には梅の花が咲き、本当に綺麗でした。

1931tigasaki7.jpg

部屋の片付けは思った以上時間がかかりましたが、ガランとした部屋を見るとちょっと寂しいような感じもします。

1931tigasaki8.jpg

この後手続きなどの関係で神奈川で泊まり、次の日に予定していた日光へ車を走らせました。

1931tigasaki9.jpg

その途中で県境の利根川を通過しますが、この橋が大好きでここを過ぎると何故かホッとするのが不思議です。天候も悪いのでまっすぐに旅館へ向かいましたが、かなり早く着いてしまいました。仕方が無いのでホテルの方へ事情を話し、駐車場を貸していただき東照宮へ徒歩で向かおうと相談したところ、部屋の準備が出来ているのでどうぞと、親切で有り難いご返事。

雨が降っていたので従業員の方が傘を差してくれ、「お荷物をお運びします」と言うのでリアハッチを開けると荷物がどどっと崩れてきました(^_^;)
ホテルの方も思わず苦笑いです。それと言うのも、息子の大型のパソコンや布団類、重さ50キロのダンベル、出す時期を逃した不燃ゴミ、それに自分たちの荷物など予想外に荷物が増えてしまったからなのです。

ちょっと恥ずかしかったですが、「自分で持って行きますから・・・」と話し、少し整理してから無事にチェックインを済ませて部屋へ行くことが出来ました。

1932tousyougu2.jpg

部屋は思った以上に良く、窓から見える景色は自然が豊かで景観は申し分ありません。雨が降っていましたが、すぐに徳川家康が祀られている東照宮へ向かうことにしました。

1931tigasaki22.jpg

旅館から歩いて5~6分で入り口へ到着し重要文化財の石鳥居をくぐります。

1931tigasaki23.jpg

ここを通過してから参観料を支払い、修復が終わった美しい国宝の陽明門へ向かいました。

1931tigasaki10.jpg

門の彫刻が美しく、しばし見入ってしまいました。

1931tigasaki12.jpg

また、問の左右の廻廊にも美しい彫刻が施されておりこれは圧巻です。上部にも素晴らしい彫刻が施され、もう少し予備知識を持って参観すれば良かったな・・・とちょっと後悔です(^_^;)

雨模様ではありましたが、歴史知識が乏しい自分でも十分楽しめる要素がたくさんあります。

1931tigasaki24.jpg

これは国宝の眠り猫ですが、裏側にはスズメの彫刻もあります。説明によるとそこに猫が居てもスズメが安心していられるような平和な世を願った家康の考えに添ったものだと聞かされました。

1932tousyougu.jpg

この三神庫は春秋渡御祭で使用される馬具や装束類が収められ、屋根の下には「想像の象」の大きな彫刻がほどこされています。この他三猿や五重塔はあまりにも有名ですが、キリが無いので割愛させていただきます。

最後は奥宮拝殿まで往復したが、今度は晴れた日に杉の木に囲まれた参道をゆっくり歩きたいですね。

1931tigasaki14.jpg

今回は引越しがメインでしたが、子供が中学の運動部に入った頃から家族旅行する機会もなかったので良い機会となりました。この後はホテルに戻り温泉に入りましたが、

1931tigasaki19.jpg

時間帯のせいか、露天風呂も貸し切り状態でゆっくりお湯に浸かることが出来ました。

帰りは新潟経由で戻ることにし、パワースポットと言われている弥彦神社に立ち寄りました。

1932yahiko.jpg

弥彦神社は樹齢400~500年の杉などに囲まれた深い杜に佇み神々しい魅力があり、まさにパワースポットという感じがしました。
本当はここに立ち寄る予定ではなかったのですが、息子からせっかく観光地を通るんだから行ってみようと言われ今回は神社巡りの旅行?となってしまいました。

地元に近づくとやはり落ち着きます。山形と秋田の県境から見えた鳥海山が綺麗でした。

1931tigasaki20.jpg

家にはまだ明るいうちに到着しましたが、詰め込んだ荷物を降ろそうとリアハッチを開けると、

1932tigasaki25.jpg

しょうちゃんです。長距離運転で疲れていたので本当に癒やしになりましたね~。
nice!(48)  コメント(18)