So-net無料ブログ作成

久しぶりの更新です・・・ [ひとりごと]

ブログというのはどこまで書いて良いのか線引きが難しいですが、取りあえず久しぶりに更新することにしました。
さかのぼりますが、昨年の12月末頃、東京に住む高齢の女性親族から突然荷物が届きました。引っ越しするので身軽にしたいと言うことで、衣類や日用品、仏教について勉強したと思われるノートなどが送られて来ました。手紙も添えられており、引越し先が決まったら連絡しますとの事でした。電話もしましたが普通に会話しその時はあまり気にもとめていませんでした。

その後、年が明けた1月の下旬にまた荷物を送ると突然電話があり、次の日に小包が届きました。
すぐに開封するとお酒や形見分けのような物と短い手紙が同封されていました。手紙の内容に違和感を感じたのですぐに電話連絡しましたが全く連絡がつきません。
賃貸住宅だったので管理する不動産屋を探し、自分との関係を説明して安否を確認してほしいと連絡をしてみましたが、関係を証明する書類がないと個人情報の観点からお答えしかねるとの回答でした。
気になったのでいろいろ連絡を取り、東京に住んでいる親族より安否は確認出来ましたが、心配だったので取りあえず自分も週末に東京へ行く段取りを取りました。

しかしそれから2日後、東京に住む親族から急いで来てほしいと電話があり、すぐに有給を取り新幹線で現地へ向かいました。その日の夕方、3年ぶりに本人と会うことが出来ましたが、会ったのはアパートではなく安置所でした。
次の日に手続きを終えた後、遺品の中に「今までの生への感謝や以後の亊」を綴った文章などもあり覚悟の死だったとの説明を署員から受け、遺品がすべて返還されました。

最近、高齢者の健康状態や賃貸住宅入居拒否などが社会問題になっていますが少なからずそれも影響しているようでした。気の強い人だったので他人には相談したくなかったのでしょう。その時は寒波襲来で東京にも所々に雪が残ってました。

CIMG4008.JPG

一番近い関係者が自分であるため、上野駅近くのホテルに連泊して毎日雑多な手続きなどを行うために歩き回りましたが、とにかくビル風が強く寒かった記憶があります。そしてやっと4日後に火葬を済ませる事が出来ました。でもこの間、隣県に住む知人と久しぶりに会うことが出来たのが救いでした。

CIMG4083.JPG

あまり東京に来る事はないですが、もうこの近辺を歩くことはなくなるんだと思うと、寂しい感じがします・・・。
火葬を終えた次の日、一緒に新幹線で帰ってきましたが秋田に近づくともの凄い雪でした。

CIMG4118.JPG

車窓を眺めながら「故郷へ帰ってきましたよ」と心の中で話しかけ、昼前に遺骨と一緒に自宅へ帰ってきました。
自分はそれからすぐに故人の意思に従い何カ所か挨拶回りをし、夕方自宅へ戻ったら家内からテレビの調子が急に悪くなったと聞きました。こんな時に故障か・・・とガックリきましたが、テレビはスイッチが勝手に付いたり消えたり、音が聞こえても画面がグリーンやピンクに変わるなどの状態が数日続きました。しかしその後は嘘のようにおさまりました。

それから一ヶ月後、息子が帰って来た時にお土産のお菓子をお供えしたところ、またテレビが同じ状態になりました。霊や宗教は全く信じていませんがさすがに偶然すぎるので「49日が過ぎるまではいるんじゃない?」との話になりました。その症状は2日くらいでおさまり、その後は普通に映ってましたが、先週の水曜日にまたテレビが同じ状態になったので、やっぱり故障だったんだと思いました。ネットで調べてもテレビの故障で良く起こる現象みたいだったし・・・。

しかし、次の日に自分が幼い頃本当にお世話になった叔母が亡くなったと連絡がありました。遺骨となって家に居る人とも接点があります。こんなタイミングでテレビの状態がおかしくなるもんなのかな・・・とさすがに何かの現象だと思わざる得ません。だからといって気持ちが悪いとか、そんな感情が全く起きないのが不思議です。

話が飛んでしまいましたが、49日も家族だけで祈り、納骨は本人の意思通り墓石などの造形物がない山中への自然葬となります。それを実践しているお寺は少ないですが、生前に本人がある程度道筋を付けていたのでスムーズに事が進み、新緑の季節に納骨することとなりました。

49日後は本人の許可を得て(^^;) 気晴らしに由利本荘方面の堤防へ穴釣りにも行ってきました。釣果は赤ナマコとクジメ数匹でした。

昨年亡くなった愛猫も4月4日で一周忌を迎えましたが、花を植える準備をしていると「しょうちゃん」も遊びに来てくれました。

DSC_2084.JPG

まあ、今日に限らず毎日遊びに来てくれるんですけどね。

こんな感じで慌ただしく過ぎた数ヶ月でしたが、生かされて生きるのか、方法には疑問もありますが死は自身で選択出来るのか、死に際をどうするのかを考えさせられました。自分としては今更ですが後悔ばかりが残ります。しかし、これを機会に今まで疎遠となっていた方々と連絡を取ることが出来、それだけは本当に感謝しています。
nice!(27)  コメント(20) 

nice! 27

コメント 20

LoveBeer

久しぶりの更新ですね、お帰りなさい。

高齢化とその終わり方、誰もが避けては通れない道ですが、このような話しを聞くとやはり切ないですね。
私も疎遠になっている親族と顔を合わせるのは、最近は葬儀の場が多いです。
by LoveBeer (2018-04-08 20:05) 

美美

お久しぶりです。
色々大変でしたね。
またブログの復活、楽しみにしています。

by 美美 (2018-04-08 22:00) 

ちぃ

ご親族の方にそんなことがあったのですね・・・・・
慣れない手続きやいろいろ思うことがあったりと心身ともにお疲れになったと思いますm(_ _)m
自分ももう若くは無い年齢ですし、周りの友人たちからエンディングノートなんて話が出たりするこの頃。
kouさんを記事を読んで私もいろいろと考えてしまいました。

お庭の雪解けは順調に進んでいる様ですねー。
しょうちゃんが愛猫さんの墓標をじっと見つめている様な^^
by ちぃ (2018-04-09 15:54) 

tarou

kouさん こんにちは

 大変な事が起きていたんですね、
ご愁傷さまでした。
釣りブログの復活楽しみにしています。



by tarou (2018-04-09 18:08) 

kou

LoveBeerさん
本当に最近は葬儀で疎遠となっている親戚と会う機会が増えました。
今回は葬儀ではありませんでしたが、50数年ぶりに従姉妹と会う事が出来ました。でも何故かそんなに長い時間空白だったという感じがしなかったのが不思議でした。
今後またちょこちょこと更新していきますのでよろしくお願いします!
by kou (2018-04-09 18:23) 

kou

美美さん
ご無沙汰してました。
釣りには一度行ったのですが、更新には至らず今回となってしまいました。
また、ちょちょこと更新していきたいと思ってますので、またよろしくお願いいたします!
by kou (2018-04-09 18:26) 

kou

ちぃさん
自分も以前エンディングノートやいつ何があるかわからない旨の記事を書いていましたが、その頃、今回亡くなった人は本当に真剣に悩んでいたんだと思うと胸が痛みます・・・。
いつまでも元気に過したいですが、いざという時に周りが翻弄しないように準備は必要だと思います。今回はその準備が万端だったためにスムーズに手続きが出来ました。でも、それが本当に悲しい思いでした。

しょうちゃんは自分が落ち込んでいる時にスッ~と来てくれました。愛猫にとっても良い友達だったのではないかと思います。
by kou (2018-04-09 18:36) 

kou

tarouさん
いろいろありましたが、何とか最後の手続きまできてホッとしているところです。先週、釣りにも行ってきましたが、何故か赤なまこが掛かってきて驚きました(^^)
天候も良くなり釣りの回数も増えると思いますので、自分も楽しみです。またよろしくお願いいたします。

by kou (2018-04-09 18:41) 

秋田の餌釣師

ブログの再開をお待ちしておりました。
少子高齢化社会の課題ですよね。
当方も同じような課題を抱えています。
ベストな選択を見出せなく、釣行に
逃げているしだいです。

by 秋田の餌釣師 (2018-04-09 21:55) 

チャー

お待ちしていました(^^)
いつもありがとうございます
by チャー (2018-04-09 22:56) 

かずあき

お疲れ様でした。やさしさを感じます。
身近におられるのは、あなただけだったんですね。
とにかく、ブログへの復帰、お待ちしておりました。
by かずあき (2018-04-10 11:10) 

いっぷく

赤ナマコはどう料理されるのですか。
ナマコは究極の健康食品として注目されていますね。
私も経験ありますが、抗生物質では治らない白癬菌が
ナマコ由来の塗り薬でピタッと収まるのですが、
一時期薬品の通信販売ができなかったので、
楽天が騒いで、また販売されるようになりました。
by いっぷく (2018-04-10 16:51) 

kiyokiyo

kouさん
こんにちは!
そうだったんですね。
大変でしたね、お疲れ様でした。
不思議な現象も経験されたとのこと、きっと何か意味があったのでしょうね。

いずれにしてもブログ復帰をされて、嬉しいです。
また、よろしくお願いします!^^
by kiyokiyo (2018-04-10 17:46) 

kou

秋田の餌釣師さん
最近では家の近所でも空き家が目立っており、切実な問題ですね。
でも、なるようにしかならないので自分も趣味に没頭するのも一つの手法かもしれませんね。趣味を持って生き生きとした生活を送るのが一番ですよ(^^)
by kou (2018-04-10 21:14) 

kou

チャーさん
いつも記事を楽しみにしてました。
自身が更新できない時でも、多の人のブログを読むのが本当に楽しみでした。今後もよろしくお願いします(^^)
by kou (2018-04-10 21:16) 

kou

かずあきさん
離れていて自分の支えだった人でしたから残念でなりません。
でも人はいつかは旅立っていくものですから、今回がその時だったんでしょう・・・。
出来る範囲で良い供養をしたいと思います。
釣りシーズンに入るのはまだ先ですが、日常を書いていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。


by kou (2018-04-10 21:23) 

kou

いっぷくさん
なまこが健康食品だったとは知りませんでした(^^;)
この釣りで赤なまこが釣れた(引っかかってきた)のは初めてなので嬉しかったです。
ナマコは薄切りにして柚ポン酢と大根おろしで食べましたが、美味しかったですよ。これも釣りの醍醐味ですね(^_^)
by kou (2018-04-10 21:27) 

kou

kiyokiyoさん
再開は来月と思ってましたが、何となく踏ん切りがついたので書いてみました。テレビの現象に間しては偶然だとは思いますがタイミングが良すぎるので、そう思う事にしました。
kiyokiyoさんのブログも話題が満載で本当に楽しみですので、今後ともよろしくお願いします(^_^)


by kou (2018-04-10 21:36) 

のらん

お久しぶりです!
さまざまな体験をなさったんですね〜
亡くなられたご親族のかたは、kouさんと一緒に秋田に帰って、
きっと喜んでいらっしゃったのでしょうね。TVを使って伝えたかったのですよ(^.^)
・・・ウチも夫婦2人で子供ナシ。。自分の死に際のこと、考えさせられます。。
by のらん (2018-04-14 10:44) 

kou

のらんさん
お久しぶりです。
自分も一緒に帰ることが出来て本当に良かったと思っています。
テレビの件にしても、最初は偶然と思っていましたが、最近はやはり何かのサインだったのかと思えてきましたよ。

自分ももう歳と言われる世代なので、今後の事を真剣に考えねばと思うようになりました。
by kou (2018-04-14 19:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。