So-net無料ブログ作成
ひとりごと ブログトップ
前の10件 | -

18.5.19 自然葬 [ひとりごと]

1月に亡くなった親族が生前から希望していた自然葬(正式名は違います)を行うために、一泊で出かけてきました。
前日の秋田は今の時期としてはかつてない大雨で心配してましたが、その場所はあまり影響がなかったとのことで予定通り執り行なうことになりました。
住職さんと待ち合わせた場所へ無事に到着し、ここにある本堂で簡素な葬儀が執り行なわれました。

18519hana.JPG

埋葬地には切り花以外の物は持ち込みは禁止なので、お預かりしたお供物などはここに納めていよいよ埋葬地へ出向きます。

18519hana2.JPG

あいにくの雨でしたが、この墓銘碑から3㎞先の山が墓地となっているので、途中まで住職さんの車で移動し、その後は歩いて山へ向かいました。

18519hana3.JPG

結構な急勾配で、しかも悪天候だったので長靴を履いて先導のお寺の方後をついて行きましたが、小川が流れ、鳥のさえずりも聞こえる本当に自然が豊かで良い場所でした。

周辺には先に埋葬された方の木々が丈夫に育っており、その一画に埋葬するための穴が準備されていました。そこへ、最初にお寺の方が遺骨を丁寧に入れ、最後に自分たちが遺骨を納めます。その後はお寺の方が持参してきた土をかぶせて埋葬自体は終了です。

18519hana21.JPG

埋葬が終わると持参した切り花を左右に供えてから墓標を打ち込み、最後にミヤマウグイスカグラを植えます。打ち込んだこの墓標はいずれは朽ちて自然に帰るそうです。
また分骨の手続きもしていたので、持参した手のひらサイズの骨壺に骨を納めましたが、こんな形の埋葬も素敵だなと心からそう思いました。

18519hana22.JPG

最後に住職さんがお経を唱へ、焼香し納骨は終了しました。表現が正しいのか分かりませんが、なにか清々しさを感じました。

すべて終了し、登ってきた山道を戻り住職さんの車でここの本堂まで送っていただきました。お参りは墓銘碑からする方も多いそうですが連絡すればいつでも住職さんが山中まで案内してくれるそうです。
住職さんはじめお寺の方には本当に感謝しかありません。

この後は予約していた旅館で一泊予定していたので、分骨した小さな骨壺をウエストポーチに納めて一緒にドライブしながら宿へ向かいました。

最初に立ち寄ったのは有名なワイナリーです。

18519hana16.JPG

ここではちょっとしたおつまみを買い、ワインは品定めするだけにしました。実は以前立ち寄った築200年になる古い酒屋さんがあり、ここで安くワインを買うことができます。もちろん種類は少ないですが、太っ腹の女将さんが今回も大負けしてくれたのでちょっと得した気分です(^^;)

この後は日本酒販売で有名な道の駅へ立ち寄ってみました。

18519hana8.JPG

ワイナリーと同じく試飲の日本酒がたくさんありましたが、自分は車の運転があるので同乗者がすべて試飲するのを羨ましく眺めていました・・・(-_-)

最後は宿の近くにある薔薇園に立ち寄りました。薔薇園開催中とありましたが、まだ早かったようで薔薇よりもツツジが目立っていました。雨も激しくなってきたので、温室の薔薇を見学して宿へ向かうことにしました。

18519hana11.JPG

温室にはたくさんの薔薇があり、育てた方の名前と薔薇の品種が添えられ、そのご苦労が伝わってきます。ここを後にしていよいよ宿泊地へ到着しました。

湯治場の温泉宿なので、一泊2食付きで一人6.500円と格安の宿です。もちろん部屋にはバスト入れなどはなくすべて共同です。でもここの温泉は掛け流しによって常に清潔できれいなお湯が保たれ、歴史深い名湯です。ちょっと熱めですが本当に良い温泉でした。

食事は部屋食でマツタケ狩り名人のご主人らしくマツタケの土瓶蒸しも添えてありました。

18519hana25.JPG

これで酒が進まないわけがないですね。お膳に座っている小さくなった人にあまり飲んじゃダメだよと言われているようでしたが、食事の後にもう一度温泉に浸かり、部屋でまた飲んでしまいました。当然、いつの間にか寝てしまい気がついたら朝でしたね(^^;)

それはそうとして、朝一で温泉に入った後に朝食を済ませてそのまま帰る予定でしたが、途中に有名な滝があるという事で立ち寄ってから帰ることにしました。

駐車場から近い吊り橋を渡って数分歩いたところが目的の滝ですが・・・

18519hana19.jpg

この立て札と鐘があちこちにありました。でもちょっと待てよ!
本当に熊が出たらやばいよな・・・と話しながら目的の場所へ到着しました。

18519hana20.JPG

釜のような滝で、ここは長い散策コースになっているようです。でも我々は時間の関係で散策はせずにこの場所を後にしました。ウエストポーチの中に居る人とはこうやってドライブした事もなかったので良いプチドライブとなりましたが、何となく落ち着いた感じです。
nice!(35)  コメント(14) 

18.4.21 やっと桜が開花しました [ひとりごと]

北国にもやっと春がやってきました。でも気候の変化が激しく、来週からは雨模様なので早朝の散歩を兼ねて千秋公園まで花見に出かけてきました。

184219.jpg

公園の坂道を上がっていくと出店も並んで、桜祭りって感じがしてきました。

1842110.jpg

でもまだ早い時間だったので、出店も準備中が多くたまたま早く開店していた店でフライドポテトを買って公園の広場に行くと伊藤園のペットボトルのお茶を無料配布していました。何か得した気分ですね。

桜は満開とまでは行かず、まだ七分咲きくらいでした。
しかし、日当たりの良い場所はこの通り綺麗に花が開いています。良い散歩となりました(^_^)

184213.JPG

帰ってから、愛猫の墓にマリーゴールドとマリーンアイスを植えてみました。

1842111.JPG

まだ猫を飼うには至ってませんが、しょうちゃんが毎日来てくれるお陰でしょうか。決まってこの場へ来てくれますが、ちょっと愛猫の墓の環境が変わってキョトンとしているように見えました。その後、エアコン室外機の上へ上りこのポーズです。

184219.JPG

一応、女の子なんだから・・・って撮る方が悪いんですよね(^^;)

追記
18.4.22

今日はあまり天気が良いので、勢いで毎春行うカメ水槽と濾過装置の大清掃を一気にやることにしました。その間、カメの次郎さんは久しぶりに外で日光浴です。

DSC_2134.JPG

40歳までは行ってないと思いますが、30数年は生きているミドリガメです。走り出すと速いので目を離さないように水槽を清掃していると、「しょうちゃん」が水槽に興味津々のようで、いつの間にか家に入り身を乗り出して中を覗いていました。
写真を撮ろうとしたら察知したのか、すぐに外へ出て行ってしまいましたが、こんな感じで春恒例の作業は午前中に終了しました!
nice!(34)  コメント(16) 

考えると嫌いな食べ物がない・・・ [ひとりごと]

前回、亡くなった親族の事を書きましたが、送られてきた荷物の中にB5番のスケッチブックも入っていました。デコパージュなどが趣味で器用な人でしたが、何気ない絵も素敵なものでした。

タイトルは、自分には嫌いな食べ物がないとありますが、苦手とする食べ物もすべて食べると言った方が正解かもしれません。彼女の絵を見てそう感じました。

414k6.jpg

3年前、家族でアパートに立ち寄った時に身体に良いからと野菜をべースにしたスープをご馳走してくれました。手間暇かけて準備してくれたんだろうな・・・と有り難く頂いたのを覚えています。
食べ物には普段からこだわりがあり、健康には人一倍気を遣っていたようでした。しかし、高齢による足腰の衰えには勝てなかったようです・・・。

414k220(2).jpg

ナスは自分も大好きで、特に昔祖母が作ってくれたナス味噌が大好きでした。また、この方のアパートからは隣の家の柿の木がよく見え、毎年楽しみにしていたんだなと思われるスケッチもありました。

414k220(1).jpg

家にも柿の木がありますが、大きくなりすぎたので枝をかなり切った年から実がならなくなり、もう5年もまともに収穫出来てません。この絵を見ていると今年こそ庭から収穫した柿をお供えしたいと思います。

414k4.jpg

また、柿の葉は落ちると庭中に積もるので邪魔だなと思っていましたが、見方によっては感じ方も違いこれも感性の違いなのかな・・・と思えてなりません。

414k3.jpg

最後の絵は下書きで終わっていましたが、完成した絵を見ることが出来ず本当に残念です。絵の他に、思ったことを書き綴っていました。今考えると覚悟を決めたと思われるものもありましたが内容は不思議と前向きでちょっと驚きでもあります。終わり方は別として、人生を本当に全うしたんだな、とあらためて思いました。
このスケッチブックを送って頂いて本当に感謝しています。

話題は変わりますが、明日は雨の予報なので庭や家の周りの草むしりをしている時、「しょうちゃん」が来てくれましたが、作業中だったため声をかけるだけでちょっと申し訳なかったです(^^;)

そのためか、愛猫の眠る場所でノビ~としてから自分の家へ帰っていきました。

414k8.JPG

最近は自分が家から出てくると顔を出してくれるので、まるで家猫みたいな感じです。左に張っているネットは畑にする場所ですが、こうすると猫のトイレにならないので助かってます(^^;)
nice!(32)  コメント(8) 

久しぶりの更新です・・・ [ひとりごと]

ブログというのはどこまで書いて良いのか線引きが難しいですが、取りあえず久しぶりに更新することにしました。
さかのぼりますが、昨年の12月末頃、東京に住む高齢の女性親族から突然荷物が届きました。引っ越しするので身軽にしたいと言うことで、衣類や日用品、仏教について勉強したと思われるノートなどが送られて来ました。手紙も添えられており、引越し先が決まったら連絡しますとの事でした。電話もしましたが普通に会話しその時はあまり気にもとめていませんでした。

その後、年が明けた1月の下旬にまた荷物を送ると突然電話があり、次の日に小包が届きました。
すぐに開封するとお酒や形見分けのような物と短い手紙が同封されていました。手紙の内容に違和感を感じたのですぐに電話連絡しましたが全く連絡がつきません。
賃貸住宅だったので管理する不動産屋を探し、自分との関係を説明して安否を確認してほしいと連絡をしてみましたが、関係を証明する書類がないと個人情報の観点からお答えしかねるとの回答でした。
気になったのでいろいろ連絡を取り、東京に住んでいる親族より安否は確認出来ましたが、心配だったので取りあえず自分も週末に東京へ行く段取りを取りました。

しかしそれから2日後、東京に住む親族から急いで来てほしいと電話があり、すぐに有給を取り新幹線で現地へ向かいました。その日の夕方、3年ぶりに本人と会うことが出来ましたが、会ったのはアパートではなく安置所でした。
次の日に手続きを終えた後、遺品の中に「今までの生への感謝や以後の亊」を綴った文章などもあり覚悟の死だったとの説明を署員から受け、遺品がすべて返還されました。

最近、高齢者の健康状態や賃貸住宅入居拒否などが社会問題になっていますが少なからずそれも影響しているようでした。気の強い人だったので他人には相談したくなかったのでしょう。その時は寒波襲来で東京にも所々に雪が残ってました。

CIMG4008.JPG

一番近い関係者が自分であるため、上野駅近くのホテルに連泊して毎日雑多な手続きなどを行うために歩き回りましたが、とにかくビル風が強く寒かった記憶があります。そしてやっと4日後に火葬を済ませる事が出来ました。でもこの間、隣県に住む知人と久しぶりに会うことが出来たのが救いでした。

CIMG4083.JPG

あまり東京に来る事はないですが、もうこの近辺を歩くことはなくなるんだと思うと、寂しい感じがします・・・。
火葬を終えた次の日、一緒に新幹線で帰ってきましたが秋田に近づくともの凄い雪でした。

CIMG4118.JPG

車窓を眺めながら「故郷へ帰ってきましたよ」と心の中で話しかけ、昼前に遺骨と一緒に自宅へ帰ってきました。
自分はそれからすぐに故人の意思に従い何カ所か挨拶回りをし、夕方自宅へ戻ったら家内からテレビの調子が急に悪くなったと聞きました。こんな時に故障か・・・とガックリきましたが、テレビはスイッチが勝手に付いたり消えたり、音が聞こえても画面がグリーンやピンクに変わるなどの状態が数日続きました。しかしその後は嘘のようにおさまりました。

それから一ヶ月後、息子が帰って来た時にお土産のお菓子をお供えしたところ、またテレビが同じ状態になりました。霊や宗教は全く信じていませんがさすがに偶然すぎるので「49日が過ぎるまではいるんじゃない?」との話になりました。その症状は2日くらいでおさまり、その後は普通に映ってましたが、先週の水曜日にまたテレビが同じ状態になったので、やっぱり故障だったんだと思いました。ネットで調べてもテレビの故障で良く起こる現象みたいだったし・・・。

しかし、次の日に自分が幼い頃本当にお世話になった叔母が亡くなったと連絡がありました。遺骨となって家に居る人とも接点があります。こんなタイミングでテレビの状態がおかしくなるもんなのかな・・・とさすがに何かの現象だと思わざる得ません。だからといって気持ちが悪いとか、そんな感情が全く起きないのが不思議です。

話が飛んでしまいましたが、49日も家族だけで祈り、納骨は本人の意思通り墓石などの造形物がない山中への自然葬となります。それを実践しているお寺は少ないですが、生前に本人がある程度道筋を付けていたのでスムーズに事が進み、新緑の季節に納骨することとなりました。

49日後は本人の許可を得て(^^;) 気晴らしに由利本荘方面の堤防へ穴釣りにも行ってきました。釣果は赤ナマコとクジメ数匹でした。

昨年亡くなった愛猫も4月4日で一周忌を迎えましたが、花を植える準備をしていると「しょうちゃん」も遊びに来てくれました。

DSC_2084.JPG

まあ、今日に限らず毎日遊びに来てくれるんですけどね。

こんな感じで慌ただしく過ぎた数ヶ月でしたが、生かされて生きるのか、方法には疑問もありますが死は自身で選択出来るのか、死に際をどうするのかを考えさせられました。自分としては今更ですが後悔ばかりが残ります。しかし、これを機会に今まで疎遠となっていた方々と連絡を取ることが出来、それだけは本当に感謝しています。
nice!(27)  コメント(20) 

諸事情により・・ [ひとりごと]

諸事情により、しばらくの間更新を控えることにいたしました。
出来るだけ早めに再開したいと思っておりますが、その時まで何卒よろしくお願いいたします。

nice!(39)  コメント(26) 

年賀状から思ったこと・・・ [ひとりごと]

2018年がスタートしましたが、公私ともいろいろあって疲れた一週間でした。
それはそうとして年賀状は年々枚数は減ってきてますが、30数年間ほぼ年賀状だけの付き合いの人もいます。ここ数年もらう年賀状の添え書きには「体力の衰え」を書いてくる人が目立つようになりました。
自分もそうですが、歳だな~と思うことも多くなりましたね。
実際、癌や突然死で亡くなった友人も数人おり、いつ何が起こるかわからない年齢となったんだな・・・と実感しています。
最近よく耳にするエンディングノートなどにはあまり興味はありませんが、自分関係の書類やいろんなパスワードなどは誰が見てもすぐにわかるように以前からまとめてあります。

また、最近は取っていた昔の音楽や映画のテープ、他しばらく使っていない物をちょこちょことゴミの日に処分しています。今日は多数ある本を選別してBOOKOFFに持って行きましたが、何と3分の2が買い取り不能だったのでそのまま置いてきました。売れた金額は想像以上に安価でしたが、そんなもんなんでしょうね。でもタダで引き取った本の行方が気になります(^^;)

それよりも一番困るのが長年飼っているミドリガメなんですね。
ミドリガメは環境省により「緊急対策外来種」の指定されており、近々「入れない」「捨てない」「拡げない」の3原則を元に規制されて行くことになります。

このミドリガメですが個体が大きくなるので飼育が大変です。成長にあわせて水槽や濾過器も大きくなり、また水を激しく汚すので水槽の水を常に清潔に保たなければいけません。

kame.JPG

この半冬眠状態のカメは次郎さんという名の女の子で、甲羅のサイズが23㎝で頭から尻尾までは30㎝くらいの大きさです。かれこれ30数年は生きていると思いますが、かなり長生きしそうな勢いですね。もう1匹、自分の部屋にいるオスのミドリガメがいます。

kame5.JPG

このミドリガメは甲羅のサイズが13㎝と小さいですが2001年の5月から飼育しています。飼い方にもよりますが、ミドリガメの寿命は40年と言われてますので、不摂生な自分よりも確実に長生きするでしょう。
家では自分以外世話が出来ないと思うので、万が一の場合の事を考えておかなければならないですね。

なんてことを、年賀状から真剣に考えてしまいました(^^;)

追記
18.1.8
昨日の勢いで、息子が小さい頃に遊んでいたオモチャをハードオフに持ち込んでみました。

DSC_1926.JPG

かなり古いので何品かは査定不能で、売れた金額も微々たるものでしたが、捨てるよりは誰かに使ってももらう方が良いですからね。
持ち込むために車に荷物を積んでいると、しょうちゃんが玄関にちょこんと座っていました。今年初しょうちゃんですが、今日は天気が良かったので来てくれたんでしょうね。

DSC_1934.JPG

冬期間はパトロールをあまりしないせいか、幾分ふっくらしている感じでした。取りあえず元気でよかったです(^^)
nice!(33)  コメント(14) 

新年あけましておめでとうございます [ひとりごと]

DSC_163.JPG

あけましておめでとうございます。

旧年中は当ブログにご訪問頂き、ありがとうございました。  

本年も宜しくお願い致します。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。
nice!(35)  コメント(34) 

今年もあっと言う間でした・・・ [ひとりごと]

あっと言う間に過ぎ去ってしまった一年ですが今年は「初」の出来事が多かったような気がします。

1月第29回社会福祉士国家試験受験
業界関連の資格はそれなりに取得してきましたが、今回は真剣に勉強しなくては合格できない国家試験だったので歳を顧みず、12月から1月にかけてかなり悪あがきしてみました。

1712302.JPG

試験もそうですが、これは受験資格を得るのが面倒で、自分の場合は養成校通信部で2年弱学習しなければならず、最初はほぼ諦めていました。
しかし、17年前に勘違いで専門校へ入学したお陰で、養成校2年間の履修期間が9ヶ月以内に短縮となることがわかったのです。自分も将来を考えている時期でもあったので、これをキッカケに挑戦してみることにしました。

その勘違いというのは、17年前すでに資格があるにも関わらず、ないものと思い込み、資格取得のため神奈川県葉山の専門校通信部へ入学(1年)してしまいました。もちろん学校なのでスクーリングもあり、葉山館に連泊して通学したり、トータルで結構な費用もかかってます。この事はつい最近までバカな勘違いをしたと後悔していたのですが、こんな形で役立つとは思ってもいませんでした。
この葉山の専門校を卒業した事で、半分以上の科目が免除されて、本来2年弱履修するはずが、わずか9ヶ月の短期履修コースで受験資格を得ることが出来たわけです。

良い方に考えると人生に無駄なしですかね(^^;)
宿泊した葉山館も古いながらも良いホテルで、機会があればもう1度宿泊してみたいと思ってます。

2月不安な月
試験が終わりましたが、痛恨のミスが発覚してかなり不安な気持ちで過ごしてました。
次はないと考えていたのでかなり落ち込んでたように思います。

3月第29回社会福祉士国家試験合格
15日に合格発表がありましたが、心配していた足切りに合う事もなく無事に合格証が届きました。

17syakai2.jpg

心配が杞憂に終わって本当に良かったです。
すぐに役に立つ資格ではないですがスキルアップは重要ですね。

4月愛猫の死
4月4日、長年一緒に暮らしていた愛猫が感染症のため死んでしまいました。

DSCN0967.JPG

これにはかなり落ち込みました・・・。未だに引きずっているような気がします。

5月初車中泊
気晴らしに青森県大間へ行ってきましたが、さすがマグロの町です。

1753ao3.jpg

素朴な観光地ながら活気が感じられました。当県に比べて青森県は各観光地が整備されて羨ましさを覚えました。この時は浅虫温泉で車中泊しましたが、結構快適に過ごせました。車もT31を選んで正解でした。

6月初カナガシラ
向浜へキス釣りに出かけましたが見たことがない魚を釣りました。

17625turi5.jpg

最初はホウボウかと思ったのですが、この魚の正体はカナガシラでした。煮付けが美味しかったですが、スーパーでは2匹で400円以下とかなり安価でガッカリした記憶があります(^^;)

7月初釜谷浜
キス釣りの聖地とされる釜谷浜デビューをやっと果たすことが出来ました。

17715turi6.jpg

キス釣りを始めた頃から行きたかったのですが、本当に良い場所でした。家から遠いのが難点ですが来シーズンも是非行ってみたいと思います。

8月愛猫の納骨
4月に死んでしまった愛猫をやっと納骨することができました。

nu1813.jpg

安堵した月です。

9月初ももさだ海岸
ここは近い場所ですが、キス釣りでは初めて訪れました。

1789turi6.jpg

こんなに近いのに何で来なかったのかと不思議に感じます。今年は2度ほどここで釣りましたが、何とか良型キスを釣る事が出来ました。来シーズンはこの場所での釣行が増えそうです。

10月初湘南観光&初ハゼ釣り
そちら方面へ行く用事があったので、以前より行ってみたかった江ノ島や鎌倉をドライブしてきました。

171027kana6.jpg

行った前後は悪天候だったようですが、この日は晴天となり湘南を満喫することが出来ました。

また、この月は初めてハゼ釣りを始めて、すっかりハマってしまいました。

171014turi12.jpg

タックルも揃え、来シーズンからの楽しみが一つ増えました。
さらにこの月は総選挙も行われましたが、傲慢な女性があるブームを作って自分ファーストを叶えようとしましたが、国民が良い選択をしてくれて本当に良かったと心からそう思っています。

11月:特になし
腰痛で通院。歳には勝てません・・・。

12月不審船に遭遇
2日に男鹿方面へ釣りに行きましたが釣果には恵まれませんでした。しかし、北朝鮮の不審船を遠目ですが目視で確認できました。

17122turi4.jpg

以降次々と不審船の漂着が確認されていますが、不気味です・・・。

こんな感じであっと言う間に過ぎた一年でした。
今年も皆様には本当にお世話になりました。
よいお年をお迎えください。


nice!(27)  コメント(24) 

17.11.25 いよいよ降ってきたか・・・ [ひとりごと]

最近は休日になると天候が悪化し釣行出来ないという日が続いてます。昨夜も雪がちらついていたのですが、朝6時頃外に出ると、

1711252.jpg

愛車には雪が積もり、道路にも4~5㎝ほど雪が積もってました。この降雪量は微妙なんですよね~。
・・・と言うのは、積もると勤務先の除雪をしなければならず、この程度で除雪が必要か否か迷います。午後からは気温が上がるので必要ないかとも思いつつ今日は取りあえずやってきました。
ダラダラと1時間弱雪かきをして帰ってきましたが、もう汗だくです。結果的に良い運動になりました。
だだし、最近は腰痛が急に悪化して通院しているので無理は出来ません。しかも、昨日は勤務先の車をぶつけてしまう始末。幸いバックして木にぶつけただけなので人的被害はなく安堵していますが、バックドアとガラスの交換なので勤務先にはm(_ _)mです。

良くないことは続くものですね(>_<)

話は変わりますが、最近はテレビを観ると日馬富士暴行と北朝鮮兵士の脱北の話題ばかりですね。日馬富士暴行事件は場所が終了すればハッキリすると思うので、また騒がしくなりますかね。
報道を総合的に見ると、個人的には貴乃花親方の行動はかなり理解できます。一方的に貴乃花親方を非難する識者?がいるのにも驚きですが、論点が違うような気がします。

一昨日、自分が時々釣りしている堤防のやや近くで北朝鮮の漁船が発見され、乗組員8人が保護されまたとの報道がありました。本当にただの漁師が漂流しただけなのか、他の目的で流れ着いたのか疑問ですが、真相が知りたいところですね。
さらに北朝鮮の兵士が脱北したニュースにも驚きました。軍事境界線に配属される兵士はあのおかしな国に絶対的な忠誠を誓っているものだと思い込んでいましたが、そうではないことがわかり少しホッとしているところです。

この事件でよく報道される板門店ですが、かなり前に行った記憶があり写真を探してみました。

1711255.jpg

30代前半だったと思うのですが、ある研修で板門店に入った時のものです。もちろん個人的に入れる建物ではないので、UNCMAC(国連軍司令部軍事休戦委員会)のゲストとして中に入りました。
写真の顔はぼかしてますが、軍事境界線なのでみんな顔が緊張していますね~。

これは予約すれば観光会社のツアーとしても参加出るできるみたいですが、今はとても行きたくないですね(^^;) しかし、この研修は何かのセミナーへの業務参加でしたが、何の趣旨で行われたのか詳細が思い出せないです。
nice!(28)  コメント(16) 

古い年賀状をどうするか・・・ [ひとりごと]

先週に続き、今回は悪天候で釣りに行けずです・・・(>_<)
そんなわけでまた片付けをしてましたが、机の中に大量の年賀状の束が入ってます。

nenga.jpg

学生時代からの年賀状を保管しているのでこの他にまだたくさんの年賀状はあるのですが、迷った末に直近2年分を残してすべて処分することにしました。
特に風水を信じているわけではないのですが、風水によれば古い年賀状などを長く保管していると、運に影響するらしいのです。まあ、これもキッカケですね。皆さんは古い年賀状はどうされているのでしょうか。

それとこんな物も出てきました。

nenga1.jpg

自分が関東で働いていた20代後半の頃、特許を出願したと言ってある人が持ってきたのですが、出発地に地名をスライドさせるだけで、全国の主要都市までの距離が一瞬で表示されるという物です。
たとえば、出発地に秋田を合わせると、

nenga6.jpg

このように秋田から全国主要都市までの距離が表示されます。

nenga5.jpg

B5の大きさで、見た瞬間おお~っという感じで驚きましたが、実際に役立ったという記憶はありません・・・(^_^;)
当時はパソコンがまだ一般に普及してない時代で、お笑い芸人が小道具で使っているような大型携帯電話や自動車電話を時々見かけるようになった時期でした。我々の連絡手段はほとんどポケベルだったと記憶しています。

今はナビやGoogle先生などで一発検索が常識になったのでもはやこの商品は化石ですが、当時は必死に考えた商品だったんでしょう。でもかさばるわけではないので、一応まだ持ってようかと思いますが、こうやって物が捨てられず家の中が乱雑になるんですよね。そろそろ本気で断捨離せねばと思ってます。
nice!(27)  コメント(12) 
前の10件 | - ひとりごと ブログトップ